トップ 会員名簿 工法紹介 施工事例 トピックス履歴 お問い合わせ
コンクリート構造物加圧注入止水システム バンデフレキシン


  多量漏水現場での止水工事  
 
  床面への注入  
撮影日時:平成16年2月

場所:都内某所
ムービー再生56K再生300K再生
動画をご覧になりたい方はボタンをクリックして下さい。
ISDN環境の方−56k
ADSL以上の環境の方−300k
 
Windows Media Player9 動画を再生するにはWindows Media Playerが必要となります。
お持ちでない方は、無償でダウンロードができますのでこちらからご入手下さい。

 
  システムの特長  
 
  1. 注入剤・注入機および工法が一体となったシステム工法です。
  2. 低粘度の薬液を高圧で注入しますので、微細間隙にも注入されます。
  3. 隣接の削孔や表面からの薬液の流出を確認しながら、躯体内に確実に注入します。
  4. 硬化時間は最短10秒と超高速で、4分程度まで現場で自由に調節可能です。
  5. 薬液の硬化物は、伸縮性のある親水性アクリル系弾性樹脂です。
  6. 硬化時に発泡しないので、体積収縮が起こらず、湿潤時は体積膨張します。
  7. 微小漏水〜大量漏水の多様な漏水に対応可能であり、抜群の耐久性があります。
  8. 薬液及び洗浄剤は全て水系材料を使用し、環境に対して非常に安全な工法です。
止水工法の説明

 

   

・コンクリートクラックの注入止水
漏水1   コンクリート漏水   アクリル樹脂の注入   モルタルを充填
1・コンクリートのクラックから漏水しているところ。   2・左または右の方からドリルで約45度に孔をあける。   3・特殊注入用ノズルを挿入し、0.5〜245kg/cm2で注入する。
深部まで注入が終わると、樹脂がクラックから溢れてくる。
  4・ドリルで開けた孔に特別のモルタルを充填する。
樹脂は重合硬化し、表面をよごすことなく、効果は半永久的。
・エキスパンションジョイントの注入止水
漏水   止水イメージ   止水工事   止水材
1・ジョイントから漏水しているところ。   2・バテやポリスチレンを一部かき取り、急結止水剤をつめる。ジョイントの中心部までドリルで孔をあける。   3・特殊注入用ノズルを挿入する。
樹脂が孔から溢れるまで適当な圧力で注入する。
  4・急結止水剤を取り除きプライマーを塗る。
バックアップ剤をジョイントにセットし、シーリング剤を充填。
ドリルであけた孔に特別のモルタルを充填する。

 

 

このページのトップへ